迷惑なポスティングを防ぐ方法【あなたの撃退チラシ対策教えてください!】

ポスティングお断り




迷惑なポスティングには「チラシお断り」をはっきり主張

迷惑なチラシのポスティングを防ぐ為に効果があったのは「チラシの投函禁止」と書いたステッカーを貼るという方法でした。私が貼ったステッカーは自作のものですが、文字が大きくて読みやすいもので、丸の中に斜線のある禁止マークの入ったものでした。とてもシンプルな方法ですが、毎日のように投函されたいたチラシが急に入らなくなりました。なぜこんな簡単な方法で効果があるのかというと 、単純に投函するメリットがないからです。

そもそもチラシというものは、お店に来てもらったりサービスを利用してもらったり商品を買ってもらうために投函しています。なのでチラシの投函を快く思わない家に投函しても、結局目を通すことなく捨てられることが想像でします。また投函する側としては店やサービスに良い印象を持ってもらわないと意味がありませんが、お断りと書いているにもかかわらず投函するのは強引な印象を与えてしまい逆効果になりかねません。

もしかしたらクレームを入れられるかもしれませんし「あの店のチラシがしつこい」と周りの人に話されたりインターネットに書き込まれる可能性があります。そんな家にはポスティングをしてもメリットは一切ない為、チラシが入らなくなったと言えます。ステッカーは手作りでも構いませんし、インターネットやホームセンターなどでも売っています。

「チラシの投函禁止」「チラシ・勧誘一切お断り」など、文字量が多すぎず読みやすいものを選ぶのがポイントです。黒い文字だけでなく禁止マークなどが入っているとさらに目を引きます。お金もたいしてかからない方法なので、オススメです。

フランスの迷惑ポスティングチラシ対策!

フランス在住の30代主婦です。私の住むフランスにおいても、ポストに直接投函されるチラシの類がかなり多いです。特に近年は地元のフリーペーパーが人気で、そういった発行物とともに多く「配達」されてしまうチラシが多く、うっかりすると小さなポストが満杯になって、すぐにあふれてしまうケースもあります。こういったチラシ対策として、フランス人は自宅ポストに「NO PUB」「Pas de publicité, merci」といった文句のシールをでかでかと貼っています。要は広告お断り、というだけの意味なのですが、かなり効果があります。

アパートやマンションなどの集合ポストを見ると、半数以上のポストがこういった目立つシールを貼っています。フリーペーパーだけ受け付けたいという場合は、そのペーパーのロゴを貼るということもあります。チラシ配布のアルバイトが、年金生活だけでは苦しい高齢者や、失業期間が長くて何とかしなければと悩む人々の恰好の収入源として人気なので、配る側としても地域住民の気分を害しないよう、かなりの配慮はしてくれます。ちなみに私は実はチラシを楽しく読んでいる側なので、こういったシールは通常貼っておらず、バカンスに出かけるような場合のみ、ポストがあふれないようにシールを貼っています。

さらに空き巣に「最近シールを貼ったこの家は、バカンスで留守か」とヒントも与えないよう、ご近所さんにしっかり声掛けをしていくのでバッチリです!

 

ポスティング経験からの防止策

ポスティングチラシの投函を防止する方法です。以前ポスティングの仕事をしていた経験からいくつかの策が講じられます。まず簡単なのがポストに投函禁止の張り紙をする事です。ポスティング業者はチラシのクレームがクライアント企業(チラシの広告主)に入ることを避けたい傾向にあります。結果として通常のポスティング会社であればポスティングスタッフに事前に教育を行っているためチラシを投函することはしません。

それでも尚投函された場合にはチラシの広告主に連絡し厳重注意をしてもらうよう働きかけましょう。次の手段はマンションの管理人に相談することです。出来れば管理組合の意見としてポスティングを禁止にする事も出来ます。前に述べた通りポスティングスタッフは管理人がいる場合には事前に投函の許可を取る行動を取ります。万一投函中に管理人に見つかった場合には下手をすると警察沙汰になるからです。

当然ポスティング業者としてもトラブルは避けたいため、そういった事を注意事項として教育しているケースが一般的です。ただし管理人か休みの土日には投函されてしまうため完全に防止する事はできません。最後にはチラシの種類がピザや不動産会社などある程度固定化されている場合には個別にクライアント企業に連絡し投函しないよう要望する事です。

 

チラシ激減!迷惑ポスティングを減らす3つの対策!

マンション等集合住宅に住んでいると特に悩まされるのが、迷惑チラシのポスティングです。この記事では私が実際に行って効果のある対策をご紹介します。
■管理会社に依頼
管理会社や組合に依頼し「迷惑チラシお断り」の掲示をしてもらう方法です。集合ポスト全体に対しての警告なので効果は限定的ですが、体感で10%〜20%は投函量が減りました。
■自分で警告文を張る
これは効果があります。集合ポストが並んでいる中で、1軒だけ警告がある訳ですから、ポスティングする側は敬遠したくなります。また、アルバイトでポスティングしている人は数を捌いて幾らです。集合ポスト全体に警告が謳われていてもマンション1棟まるまる見逃す訳にいきません。しかし、その中の一軒に投函しないぐらいなら影響が少ないので避けてくれる可能性が高くなります。
文面としては「迷惑チラシ投函禁止!」といった断言調が効果的です。また「無視した場合には広告主に即刻抗議します」という内容を盛り込めば苦情を恐れて投函が激減します。私はこの方法で迷惑チラシを10%以下に減らす事ができました。
■苦情をいれる
上記の対策をしても投函する不届きな業者には、電話で苦情を申入れしましょう。名前を名乗る必要はありませんが住所やマンション名ぐらいまではしっかり伝えましょう。

いかがでしょうか?状況に応じて対策を使い分けて迷惑ポスティングを減らして下さい!

チラシ・勧誘印刷物の無断投函は一切お断り! 高耐候性ステッカー


チラシ・勧誘印刷物の無断投函は一切お断り! 高耐候性ステッカー 30X150mm ヨコ型

・サイズ:縦3cmX横15cm(角丸あり) 1枚入り
・エア抜き溝により指先やスキージで気泡を簡単に抜く事が可能です。しっかり貼付く強粘着タイプでありながら、貼り直す時や剥がして処分する時に糊が残りにくい再剥離タイプです。
・屋外用の材料とインクを使っているので耐候性に優れています。退色や変色の原因となる紫外線(UV)を99%カットする透明ラミネートフィルムで表面保護加工済み。
・粗面や撥水加工を施した箇所では本来の接着力が発揮出来ない場合があります。また、壁紙や脆い壁、劣化した塗膜面に貼りますと剥がす時にそれらが一緒に剥がれる場合があります。
・設置面の色や柄が透けない遮光性の高い特殊な材料を使用しています。

ポスティング・新聞折込 激安ネット注文

ネット激安配布

印刷・配布込みでなんと1万円から。
ネット印刷のラクスル


ラスクルのポスティングは、ネットで24時間簡単注文!
「ポスティング」1,000部 1万円(税別)から。
「新聞折り込み」1,000部 1万円(税別)から。
小ロットで低価格を実現しかも会員特典としてポイント付与!ネットに慣れていない方でも安心カスタマーサポートに特に力を入れています。



 

ポスティングFAQ

  1. ポスティング 集合ポスト
    様々な形がポスティング可能 ポスティングでは配る広告の形に特別な決まりはありません。ポストに入る形…
  2. 集合住宅のポスト
    ポスティングは新聞購読率が劇的に下がった現在においては、個人宅にアプローチできる数少ない媒体です。し…
  3. エフェソスのセルシウス図書館の跡地
    エフェソスのセルシウス図書館の跡地 画像:wikipedia チラシの歴史 …
  4. GPS
    ポスティングスタッフ管理の重要性 ポスティングは手配りという性質上、配るスタッフ本人の仕事の質が問…
  5. カレンダー
    チラシと曜日の関係 新聞の折り込みチラシの枚数は、毎週「土曜日」が一番多いといわれています。1週間…
  6. ポスティングポスト
    ポスティングとは簡単に言うとチラシの手配りのことです。手配りといっても手渡しではなく、ポストにチラシ…
  7. 地理情報システム
    画像は川崎市統計GISマップから使用 GISとは何か GISとは、「地理情報システム・Geogr…
  8. 新聞折り込み
    各家庭のポストに直接届けるポスティングチラシと、新聞に入れる折込チラシ。一見すると「家に届くチラシ」…
  9. lancers
    「チラシの作成をお願いしたいけど、制作会社に依頼したら高かった…」「かと言って、いきなりフリーのデザ…
  10. マンション
    配布戸数の決め方 会社の近くのマンション数軒、会社と同じ町内の戸建て住宅。このくらいの規模なら自分…

アーカイブ

ページ上部へ戻る